EFブログ

ETH上部背景開始画像
ETH下部背景開始画像
コンテンツへ移動

研究・開発

イーサリアムプロトコルの研究開発に関するアナウンス。

2022年8月24日

研究開発

メインネットのマージ実施の発表
メインネットのマージ実施の発表

投稿者: Protocol Support Team

イーサリアムはプルーフ・オブ・ステークに移行します。 まずは、ベラトリックスアップグレードで、この移行(マージと呼ばれる)をビーコンチェーンでアクティベートする必要があります。 その後、特定のTotal Difficultyの値に到達した時点で、プルーフ・オブ・ワークのチェーンがプルーフ・オブ・ステークに移行します。 ベラトリックスアップグレードは、ビーコンチェーンでエポック144896に予定されています。これは、2022 年 9 月 6 日の午前 11:34:47 UTCです。 マージがトリガーされるTerminal Total Difficultyの値は、58750000000000000000000です。この値には、2022 年 9 月 10 日から 20 日の間に到達すると予想されています。 注:以前の発表でお知らせしたとおり、キルンテストネットは廃止されます。 キルンは、オペレーターによって 2022 年 9 月 6 日に終了されます。

2022年7月27日

研究開発

ゴエリ/プラーターのマージ実施の発表

投稿者: プロトコルサポートチーム

最後のテストネットのプルーフ・オブ・ステークへの移行では、ゴエリがプラーターとマージされます。 マージ後、ゴエリ/プラーターの統合ネットワークでは、ゴエリの名称がそのまま使用されます。 マージの準備を整えるためのプラーターのアップグレードであるベラトリックスは、エポック112260で開始されます。これは、2022年8月4日12:24 UTCになると予想されています。 ベラトリックスがアクティベートされた後、ゴエリで合計難易度の値10790000に到達したとき、ゴエリ/プラーターのマージが行われます。これは、2022年8月6日から12日の間になると予想されています。 個々のステーカーは、マージ後もゴエリのバリデータセットを利用してテストネットのバリデータを実行できます。 ゴエリ/プラーターのバリデータは、プラーターローンチパッドで開始できます。

2022年6月3日

研究開発

ロプステンのTTDの発表

投稿者: プロトコルサポートチーム

ロプステンのマージで使用される最終合計難易度(TTD)の値は、50000000000000000に決定しました。 ノードオペレーターおよびステーカーは、2022 年 6 月 7 日までに実行レイヤーと合意レイヤーの両方のクライアントでTTD値を手動で上書きする必要があります。 プルーフ・オブ・ワークのテストネットのハッシュレートは変動しやすいため、ロプステンでのマージ実施の具体的なタイミングを正確に予測することは困難です。 ハッシュレートに予想外の変動が生じなければ、マージは2022 年 6 月 8 日から 9 日前後に実施される予定です。 マージを実施するには、ロプステンの実行レイヤークライアントを同期する必要がありますが、この同期には数時間から数日かかることがあります。

2022年5月30日

研究開発

ロプステンのマージ実施の発表

投稿者: プロトコルサポートチーム

ロプステンでマージを実施します。これは、長期稼働中のテストネットでは初めての試みとなります ネットワークに合意形成(コンセンサス)機能を導入するため、2022 年 5 月 30 日にロプステンの新たなビーコンチェーンがローンチされました ロプステンのビーコンチェーンは、2022 年 6 月 2 日のスロット24000で、マージに対応したプロトコルルール(ベラトリックス)にアップグレードされる予定です その後、このプルーフ・オブ・ワークのチェーンでマージをアクティベートするための最終合計難易度(TTD)が決定されます。 ノードオペレーターは、手動でクライアントにこの値を設定する必要があります ロプステンのマージで使用される正確な最終合計難易度は、2022 年 6 月 3 日にこのブログで発表される予定です。 このTTD値は、決定されてから数日のうちに到達すると予想されています。そのため、ユーザーは、発表後すぐにクライアントの構成を変更できるよう、あらかじめ準備を整えておく必要があります

2022年3月14日

研究開発

キルン(Kiln)マージテストネットの発表

投稿者: Protocol Support Team

12 月後半にローンチされたキンツギ(Kintugi) 🍵 マージテストネットは、マージの重要なテスト環境として稼働してきました。 さまざまなテスト、マルチクライアント devnet、Goerli(ゴエリ)のシャドーフォーク、アプリケーションの展開を経て、またコミュニティ#TestingTheMerge のサポートを頂き、安定し、堅牢なプロトコル仕様に至ることができました。 この最新仕様のクライアントの実装が完了し、次の段階として、キンツギの後継であるキルン(Kiln) 🔥🧱 がローンチされました! キルンの実行レイヤーは、イーサリアムメインネットと同じプルーフ・オブ・ワーク・メカニズムで、同時にプルーフ・オブ・ステークのビーコンチェーンがキルンテストネットに並存していました。 キルンのプルーフ・オブ・ステークへの完全な移行は、今週早々に予定されています。 2022 年 3 月 17 日以降にこの記事を読まれている場合は、キルンのマージがすでに行われた可能性があります。 キルンは、既存のパブリックテストネットがアップグレードされる前の最後のマージテストネットとなる予定です。 そのため、既存のパブリックテストネットでスムーズに移行できるよう、アプリケーションやツールの開発者、ノードオペレーター、インフラストラクチャ・プロバイダー、およびステーカーは、キルン上でテストを実施することを強く推奨します。 これまでのマージテストネットであるキンツギは、今後数週間で非推奨となります。

カテゴリ