EFブログ

ETH上部背景開始画像
ETH下部背景開始画像
コンテンツへ移動

2022年8月31日

ETH.org

イーサリアム財団ブログの翻訳プログラム
イーサリアム財団ブログの翻訳プログラム

投稿者: Ethereum.org Team

イーサリアム財団(EF)ブログは、2013 年 12 月の最初の投稿以来、イーサリアム財団のさまざまなチームの主要なコミュニケーションの場として利用されてきました。 このブログは、イベントについての発表、助成プログラムの開始案内、プロトコルアップグレード情報、通常の特定のチームからのアップデート情報、さらにはイーサリアムのビジョンやロードマップについての議論など、最新情報を得られる有用なリソースとなっています。 しかし、このブログはひとつ、大きな問題を抱えています。それは、イーサリアムのコミュニティはグローバルであるにもかかわらず、このブログの情報が英語以外ではほとんど提供されていないということです。 世界中に数多く存在する非英語圏の人々にとって、このブログから情報を得ることは簡単ではありません。

投稿者: Protocol Support Team

イーサリアムはプルーフ・オブ・ステークに移行します。 まずは、ベラトリックスアップグレードで、この移行(マージと呼ばれる)をビーコンチェーンでアクティベートする必要があります。 その後、特定のTotal Difficultyの値に到達した時点で、プルーフ・オブ・ワークのチェーンがプルーフ・オブ・ステークに移行します。 ベラトリックスアップグレードは、ビーコンチェーンでエポック144896に予定されています。これは、2022 年 9 月 6 日の午前 11:34:47 UTCです。 マージがトリガーされるTerminal Total Difficultyの値は、58750000000000000000000です。この値には、2022 年 9 月 10 日から 20 日の間に到達すると予想されています。 注:以前の発表でお知らせしたとおり、キルンテストネットは廃止されます。 キルンは、オペレーターによって 2022 年 9 月 6 日に終了されます。

2022年7月27日

研究開発

ゴエリ/プラーターのマージ実施の発表

投稿者: プロトコルサポートチーム

最後のテストネットのプルーフ・オブ・ステークへの移行では、ゴエリがプラーターとマージされます。 マージ後、ゴエリ/プラーターの統合ネットワークでは、ゴエリの名称がそのまま使用されます。 マージの準備を整えるためのプラーターのアップグレードであるベラトリックスは、エポック112260で開始されます。これは、2022年8月4日12:24 UTCになると予想されています。 ベラトリックスがアクティベートされた後、ゴエリで合計難易度の値10790000に到達したとき、ゴエリ/プラーターのマージが行われます。これは、2022年8月6日から12日の間になると予想されています。 個々のステーカーは、マージ後もゴエリのバリデータセットを利用してテストネットのバリデータを実行できます。 ゴエリ/プラーターのバリデータは、プラーターローンチパッドで開始できます。

2022年6月3日

研究開発

ロプステンのTTDの発表

投稿者: プロトコルサポートチーム

ロプステンのマージで使用される最終合計難易度(TTD)の値は、50000000000000000に決定しました。 ノードオペレーターおよびステーカーは、2022 年 6 月 7 日までに実行レイヤーと合意レイヤーの両方のクライアントでTTD値を手動で上書きする必要があります。 プルーフ・オブ・ワークのテストネットのハッシュレートは変動しやすいため、ロプステンでのマージ実施の具体的なタイミングを正確に予測することは困難です。 ハッシュレートに予想外の変動が生じなければ、マージは2022 年 6 月 8 日から 9 日前後に実施される予定です。 マージを実施するには、ロプステンの実行レイヤークライアントを同期する必要がありますが、この同期には数時間から数日かかることがあります。

2022年5月30日

研究開発

ロプステンのマージ実施の発表

投稿者: プロトコルサポートチーム

ロプステンでマージを実施します。これは、長期稼働中のテストネットでは初めての試みとなります ネットワークに合意形成(コンセンサス)機能を導入するため、2022 年 5 月 30 日にロプステンの新たなビーコンチェーンがローンチされました ロプステンのビーコンチェーンは、2022 年 6 月 2 日のスロット24000で、マージに対応したプロトコルルール(ベラトリックス)にアップグレードされる予定です その後、このプルーフ・オブ・ワークのチェーンでマージをアクティベートするための最終合計難易度(TTD)が決定されます。 ノードオペレーターは、手動でクライアントにこの値を設定する必要があります ロプステンのマージで使用される正確な最終合計難易度は、2022 年 6 月 3 日にこのブログで発表される予定です。 このTTD値は、決定されてから数日のうちに到達すると予想されています。そのため、ユーザーは、発表後すぐにクライアントの構成を変更できるよう、あらかじめ準備を整えておく必要があります

2022年3月14日

研究開発

キルン(Kiln)マージテストネットの発表

投稿者: Protocol Support Team

12 月後半にローンチされたキンツギ(Kintugi) 🍵 マージテストネットは、マージの重要なテスト環境として稼働してきました。 さまざまなテスト、マルチクライアント devnet、Goerli(ゴエリ)のシャドーフォーク、アプリケーションの展開を経て、またコミュニティ#TestingTheMerge のサポートを頂き、安定し、堅牢なプロトコル仕様に至ることができました。 この最新仕様のクライアントの実装が完了し、次の段階として、キンツギの後継であるキルン(Kiln) 🔥🧱 がローンチされました! キルンの実行レイヤーは、イーサリアムメインネットと同じプルーフ・オブ・ワーク・メカニズムで、同時にプルーフ・オブ・ステークのビーコンチェーンがキルンテストネットに並存していました。 キルンのプルーフ・オブ・ステークへの完全な移行は、今週早々に予定されています。 2022 年 3 月 17 日以降にこの記事を読まれている場合は、キルンのマージがすでに行われた可能性があります。 キルンは、既存のパブリックテストネットがアップグレードされる前の最後のマージテストネットとなる予定です。 そのため、既存のパブリックテストネットでスムーズに移行できるよう、アプリケーションやツールの開発者、ノードオペレーター、インフラストラクチャ・プロバイダー、およびステーカーは、キルン上でテストを実施することを強く推奨します。 これまでのマージテストネットであるキンツギは、今後数週間で非推奨となります。

2022年1月24日

ETH.org

リブランディング: Eth2の名称廃止

投稿者: ethereum.orgチーム

イーサリアムでは、現在プロトコルの大幅な変更を行っています。 クライアントチームは、セキュリティと分散性を向上させながら、グローバルの需要に応えるため、アップグレード作業を進めています。 プロトコル開発以外でも、イーサリアムの重要な変更として、「Eth1」と「Eth2」の名称を廃止しました。 2021 年後半現在、コア開発者は「Eth1」と「Eth2」という用語の使用を止め、「実行レイヤー」と「合意レイヤー」という呼称に改めました。 Q1 ロードマップで強調しているように、ethereum.orgでも本日この名称変更を行います。 Eth1 → 実行レイヤー Eth2 → 合意レイヤー 実行レイヤー + 合意レイヤー = イーサリアム 名称変更の理由

2019年8月20日

ETH.org

ハロー ワールド | グローバル コミュニティのために Ethereum.org を翻訳しよう

投稿者: Ethereum.org Team

Ethereum.org の大規模な翻訳プログラムを開始したことをお知らせいたします。最終的には、当ウェブサイトとその他のリソースを 15 以上の言語に翻訳します。 イーサリアム (Ethereum) はグローバルなプロジェクトであるため、そのウェブサイト ethereum.org が世界中のコミュニティを反映する必要があります。ウェブサイトのリニューアル以来、国籍や言語に関係なく、誰でもイーサリアムに関するリソースにアクセスできるようにする翻訳プログラムの編成を計画してきました。 本日、ついに初の完全翻訳版を開始することになりました。その例は韓国語版のウェブサイト、ethereum.org/ko でご利用いただけます。 今後数週間以内に、まず中国語、日本語、ロシア語、ドイツ語、そしてイタリア語への翻訳に焦点を当てて拡大していく予定です。この最初の言語のリストは、イーサリアムの検索量と関連用語、およびイーサリアムに関連するウェブサイトへのトラフィックに基づいて選択されています。 この取り組みは当初 Ethereum.org の翻訳に重点を置いていますが、やがてドキュメント、ガイド、ブログ投稿などの主要な第三者のリソースの翻訳も含むように拡大していきます。 この翻訳プログラムは、ボランティア主導の翻訳、イーサリアム・ファンデーションによるプロジェクト管理、およびギャップを埋めて監査をするために必要なプロの翻訳サービスを組み合わせたものとなります。 特定の言語の翻訳作業の支援に参加しませんか? 世界中のイーサリアム コミュニティから言語に特化したチームに参加するボランティアを募集しています。ぜひこちらからご応募くと、翻訳チームに連絡されます。 イーサリアムは、人類にとっての重要なインフラであり、Ethereum.org は世界中のハッカソンやイベントで見られる多様性を反映していなければなりません。本日の ethereum.org/ko および Ethereum.org 翻訳プログラムの開始により、私たちはエコシステムで最も重要である、コミュニティを反映するという目的の一歩を進めることができました。 翻訳プログラムを主導してくれた Taeyeon Kim と、ethereum.org/ko を翻訳してくれたボランティア チーム Daniel Jee、Hyungsuk Kang、Jeongmoo Heo、Jumin Lee、Sangphil Kim、Suhun Kim、Wanseob Lim、Yeong Hun Ryu に感謝いたします。

カテゴリ